FC2ブログ
* ゆらら乳がんと歩む *
温泉大好きな"ゆらら"が乳がんと共に歩む生活記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

「乳がん治療最前線」(第1回いちご・いーちえ)その1

今日はメーリングリストでお世話になっている先生お二人のお話が聞けるということで、
友達と彦根まで「青空ふりーきっぷ」を使って行って来た。
自称・腫瘍外科医の「再発乳がんにおける薬物療法」ではアルゴリズムに始まって、ホルモン療法について簡単に。
ハーセプチンについてはちょっと詳しく、ハー2蛋白とは、から、検査法、使える人、仕組み、副作用まで。
その他の分子標的治療薬として、まだ治験中だが、ラパチニブ、アバスチン、エキサベピンがあるとか。
ゼローダについては、最近手足症候群アトラスという対策法の書いたものができたとか、治療中の方は是非主治医に聞いてみて欲しい。
脱毛、白血球減少の副作用が少ないため、他剤(タキサン、エンドキサン等)との併用療法にも適しているそうだ。
ナベルビンについては、ハーセプチントとても愛称が良く、タキサン、ジェムザール(乳がんには保険適応ではないが)との併用もありとか。
ちなみに、ジェムザールの副作用は白血球減少が主で吐き気や脱毛は少ないそうだ。
ジェムザールとシスプラチン(こちらも乳がんには保険適応がない)との併用も効果があるそうだ。
骨転移に関してはビスホスホネートでは、第2世代のアレディアがすでに認められ(第1世代の100倍の効果)、
もう少ししたら第3世代のゾレドロネート(第1世代の1万倍以上の効果あり)も認められるのではないかと期待できるそうだ。
2~3の症例を出して、再発治療法と効果の説明があり、希望が持てた。
質疑応答の時間もあり、私にとってはタイムリーな内容で分かりやすく、参考になった。
もう1人、放射線科医のお話は次のお楽しみと言う事で。
スポンサーサイト
【2005/10/30 23:56】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

単純ヘルペスウィルスHF10

2年ほど前、名古屋大学医学部第二外科で「単純ヘルペスウィルス」
を使ったがん治療の治験が乳がんの皮膚転移を対象にされていた。
その際、私も参加したいと名大を訪れ、偶然中尾教授に診ていただいた。
その時分かっていたしこりが小さかったので、これだけ小さいと該当しませんと断られた。
(本当は反対側乳房にあったと思うがその時点では知らなかった)
その後、乳がんでは良い結果が得られた、と新聞報道されたまま、次の治験の話がなく、
数ヶ月前、すい臓がんで治験が始まっていると聞いていたが、それも、最近中止されたようだ。
そんな中、早急に実用化を!という運動があるとのこと。
http://www2.atwiki.jp/hf10/
一日も早く、できれば保険適応の治療になって欲しいものだ。

【2005/10/29 23:59】 乳がん関連情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |

次の治療(2005.10月 その3)

新しい主治医に提案されたヒスロン+フルツロン+エンドキサン
ホルモンレセプターが両方陰性でも使うことがあるか?という疑問に対して
がんセンターの先生は「それがあるんだよね~」と言う答え。
ナベルビン+ジェムザールについては、
「医師主導の臨床試験が動いているので、できないことはない。」ということだそうだと、
昨日、治験コーディネータさんが電話をくださった。
今日は、主治医が出張で他の先生に点滴をしてもらった。
その先生も前の病院では乳腺を担当してみえたし、今も若干の乳がん患者さんを担当してみえる。
患者会にも時々顔を出していただくし、話しやすいので、つい次の治療に付いて希望を言ってしまった。
できれば、ナベルビンと相性がいい、ジェムザールを上乗せする、またはジェムザール単独。
タキソールもナベルビンと相性がいいらしいので、もう1年ほどやっていないし、再度やってもいいとおもう。
その後、イリノテカンや再度ウィークリーのACなどにしたい、と。
もちろん、私から主治医に話すつもりだと言ったのだが、先生からもその旨伝えておいてくださると言う事だった。
来週は木曜日が祭日で休薬のつもりだったが、ハーセプチンだけなら前にも一度水曜日にしていただいた。
それを思い出し、急遽先生にお願いしたらやってもらえることになりなんとなく幸せな気分。
おまけに、ふと思いついて、手術当時(3年半以上前)担当看護師だったAさんを、産休後の所属に尋ねてみたら運良く出勤。
長話にも付き合ってもらい「自分の命が掛かってるんだから希望は言った方がいいよ、応援してるからね。」と言ってもらえて勇気がわいてきた。
ありがたいことに、私の周りには、好い人がいっぱいなんだ!嬉しい!!!
【2005/10/27 23:50】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

次の治療法(2005,10月その2)

友達を通じて、ある、腫瘍内科の先生に問い合わせてもらった。
ナベルビン+ハーセプチンが効かなくなった時、+タキソール(3剤併用)をするのはどうかと。
ナベルビンもタキソールも効かなくなった薬なので、それを併用しても良い結果が得られるとは思わないと。
実際に私を診ているわけではないのではっきりしたことは言えないという事を前提に、
ゲムシタビン(ジャムザール)、イリノテカン、もう一度ACが考えられる。
体の状況によっては、きつい抗がん剤で、反って寿命を縮める場合もあるのでその点を考慮すべきだと言う事だった。
友達に一度来る気はないの?と聞かれたが、
ジェムザールという、私の考えている薬の提案もあったし、
今すぐではなく、何かの機会があったら行ってみたいと思う。
自分の患者の治療法に対する質問だけでも、なかなかしっかり答えてもらえなかったりするのに、
患者の友達に関することまで丁寧に答えてもらえるなんて感激!
以前通っていた、がんセンターの治験コーディネーターさんも相談の乗ってもらったり、嬉しい限りだ。
ただ、保険適応でないジェムザール、主治医とどう話をしたらいいものか・・・。
【2005/10/25 21:11】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

腹直筋皮弁同時再建術 その1

2002年2月25日右乳がん手術のため入院。
27日に全摘手術は決まっているものの、私はどうしても同時再建したかった。
主治医はイマイチ良い顔をしない。なぜ?と思いながらその頃の私は理由を聞くこともしなかった。
そんな主治医を見て、主人もそこまでしなくてもと思ったらしいが、
私は、今しかできない!と諦められない。
結局、形成外科の先生を呼んで、主人を交えて説明をしてくれたのは入院当日の夜だった。
お腹から持ってくる方法(腹直筋皮弁)と、広背筋を使う方法があり、
広背筋の方が、脂肪壊死の心配が少ないが、太っている私は腹直筋のほうがボリュウムが出るとのこと。
一旦は広背筋でとお願いしたが、翌日、やはり腹直筋でと変更をお願いしいた。
実はこの時、腹筋が弱くなったり、腹壁ヘルニアになる可能性があることなどのデメリットは何1つ考えておらず、
ただ、手術が終わってもふくらみがあるんだ!というメリットだけ考えて舞い上がっていたノーテンキな私だった。
結果的に腹直筋の補強がはがれ?6ヵ月後に腹壁ヘルニアの手術をする事になったり、
腹筋が弱って違和感があったりというデメリットと付き合うことになるが、後悔はしていない。
初めから喪失感がなく、大好きな温泉も早くから入れたし、入院中も自慢げに話をして友達を作れたりと得た事がそれ以上に大きい。
6ヶ月で再発した事に、ひょっとして関係があったとしても!
送別会で元主治医が絶対そんなことは関係ないと言い切ってくれたので信じてはいるが。
【2005/10/22 21:30】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

2005,11~2006,1月の予定

今後のきららの会の予定です。
11月10日(木)
12月10日(土)
1月21日(土)
会場はいつもと同じです。
先生方には、特別お話等のお願いはしていませんが、
12月の木曜日、都合がつけば来て頂けるかもしれません。
今年は、忘年会ではなく、1月21日(土)会終了後の新年会
にしようかな~と思っていますが・・・。
この秋、動物園に行こう!
元主治医に会いに行こう!
なども企画したいと思っています。(突然ってこともあるかも?)
是非参加してください。
【2005/10/21 18:40】 きららの会 | トラックバック(0) | コメント(0) |

次の治療法(2005/10/20)

ハーセプチン+ナベルビンにしてから3ヶ月経った。
ここの所、皮膚状態等から、効かなくなってきているな~と。
ただ、急激に悪くはなっていないことや、
量が少ないためか、私にとっては副作用がとても少ない事、
今後使える薬の種類も少なくなっていることなどからすぐに薬を変更する気はないが、
そろそろ、次の薬の話しを主治医としておきたいと思った。

9月から主治医が変わって、1ヵ月半。
毎週通院しているが、当然前の主治医との様なわけには行かない。
ハーセプチン+ナベルビン+タキソールはできないか聞いたのだが、全く可能性なし。
副作用が心配で、効果は???だからと。
(一歩も譲ってくれそうになし、と決め付けるからいけないのかな?)
考えてみれば前の主治医も始めて自分の思う治療に付いて聞いた時
即座に「副作用は絶対に強いが効果は分からないからやらない。」と言われたな。
確か、2年前の今頃かなあ?タキソール+白金製剤(シスプラチンやカルボプラチン)はどうかって聞いたと思う。
で、その後、昨年の『乳がん学会』に参加してタキソール+カルボプラチンで効果があった話を聴き、
再度尋ねたら、「調べておきます。」に変わったよな。
だから、仕方がないとは思うけど、なんか、疲れる。
再発してるだけで、疲れてるんだから・・・、なんて甘えは許されないねぇ。

おまけに勧められた薬はエンドキサン+フルツロン(ゼローダ)+ヒスロン。
皮膚転移して、内臓や骨に転移のない人には結構効くと言われた。
その後、同じ病院(主治医も一緒)に入院している友達の見舞いに行って
使っている抗がん剤を聞いたら、何と!一緒なのだ!
ちょうど薬剤師さんが見えてヒスロンはホルモン剤と改めて認識。
私ホルモン感受性ないし、ゼローダは2ヶ月で増悪だったし、
先生が好きなだけじゃないの?私のガン、分かってくれてるのかな?
いくら組み合わせればといってもねぇ、という感じです。

今日は、ちょっと、グチグチ。
最近多いかな?グチグチ。

お疲れ様でした~、おやすみなさ~~~い。

【2005/10/20 23:27】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

乳がん市民公開フォーラム(2005/12/4)

先日セカンドオピニオンを取った、向井博文先生のお話があると言うので目に留まりました。
残念ながら、今回は行くことができませんが情報として載せます。
もし、行かれた方がありましたら、様子など教えていただけたら嬉しいです。

●「乳がん診療ガイドラインと標準療法」テーマに
「乳がん市民公開フォーラム」

日 時:12月4日(日)午後1時から
会 場:丸の内マイプラザ MY PLAZAホール(東京千代田区)
主 催:キャンサーネットジャパンとブリストル・マイヤーズの共催
 参加費:無料

 総合座長は、「月刊がん もっといい日」11月号の特集「がんと闘うためのセカンドオピニオン」で、ご登場いただいたナグモクリニック院長の南雲吉則医師(キャンサーネット・ジャパン代表)。
                  ◇
■基調講演:「乳がん診療ガイドラインと標準療法」
☆座   長:岩瀬哲(キャンサーネットジャパン科学ディレクター)
☆演   者:向井博文(国立がんセンター東病院化学療法科)
■パネルディスカッション「患者さんにとっての乳がん診療ガイドライントは?」
☆座   長:吉田和彦(東京慈恵会医科大学付属青戸病院副院長)
☆パネリスト
患者さんの立場から・・・本田麻由美(読売新聞記者)
 医師の立場から・・・南雲吉則(キャンサーネット・ジャパン)、岩瀬 哲(同)
  薬剤師の立場から・・・清水久範(昭和大学病院薬剤部)
  医療コーディネイターの立場から・・・宮坂友美(医療コーディネイター協会)
  基調講演演者・・・向井博文
<申し込み方法>
(1)キャンサーネットジャパンのホームページからPDFファイルをプリントして、FAXまたは郵送で参加申込書を送付、(2)官製ハガキに住所、氏名、電話番号を明記し、下記あて先まで。
○キャンサーネットジャパンのホームページ:http://cancernet.jp/
 ○FAX送付先
ビリストル・マイヤーズ(株)東京営業部「乳がん市民公開フォーラム」係
03-5323-8479
 ○郵送での送付先
  〒163-1327 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー27F
  ブリストル・マイヤーズ(株)東京営業部「乳がん市民公開フォーラム」係
【2005/10/19 21:16】 乳がん関連情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |

平成17年ふれあいみんなの芸術祭

明日から6日間、写真、水彩画、俳画、籐細工、等の作品展があるため、飾りつけに行ってきた。
(1階に生花や書もあったっけ?)
今回は本に、かりんの盆栽が紅葉している写真が載っていたので、それを絵にしたものを出した。
私は夜の部で練習をしているが、昼の部に以前の上司がいて、「上達したね。」と。
トホホ。
実は、約3年前、入院中にいっぱい書きためていたうちの1枚で
先生が何処も直さなくていいとおっしゃったので、そのまま出した絵なのだ。
ということは・・・。後退しているんだね~。
確かに、最近は集中力に欠けてるけどね。
でも、一応、褒め言葉、と言う事で喜んでおこう!
【2005/10/17 23:22】 水彩画 | トラックバック(0) | コメント(0) |

きららの会(第25回)

予定通り、当病院からがんセンターへ行かれた先生に来ていただき、
違いなど伺ったが、新薬の治験以外ほとんど変わらないほど最新の乳がん治療がされているとのこと。
センチネルリンパ生検も県内では、がんセンターに続く2番目に早く実施された事も再確認。
乳腺の先生のみならず、病理のスタッフ等の力と努力の賜物だと言う事を改めて認識した。
当病院の外科の先生、病理の技師さんも参加してくださった。
患者も19人と過去最高で質問もたくさん出た。
最近再発が分かった方が、ご自分の経過から学んだ事など話され、参考になった。
終了後先生2人を囲みお茶にも大勢参加いただき、話が弾んだ。
おめでたい話も出て、拍手(パチパチパチ)
この会が楽しみだと言ってくださる方もいて励みになる。
月1回、できる限り続けたいものだ。
ひろどんさん、いつも写真気に掛けてもらってありがとう。
できばえ、楽しみにしてるね~。
【2005/10/15 22:07】 きららの会 | トラックバック(0) | コメント(2) |

マツタケの鹿教湯温泉&車山高原

昨日、今日で長野県、鹿教湯温泉に行ってきた。
といっても、私は着くまで鹿教湯温泉へ行くという認識はなく、
国産のマツタケが食べられる宿!と言う事で出かけた。
当初は友達と二人で交代して運転していく予定だったが、
私は大きくて沈んだ感じで運転するのは苦手、
かといって私の車は小さすぎるし、マニュアル車なので、これも無理。
結局友達が息子さんに運転を頼んでくれた。
今日は息子さんの都合で早めに帰ってくることになり、
何処か、観光するなら昨日!ということになって
昼食を取った、蕎麦屋さんで聞き、白駒池の紅葉がいいと教えてもらったのだが、時間的にちょっと無理。
乗せてもらっているのに2人とも少し疲れていたので、
車山高原をドライブして、早めに宿に入ろうということになった。
秋の車山はススキの高原。箱根の仙石原のように密集してはいないが、なかなか風情がある。
今年マツタケは雨が少なかったため不作とか。
宿に入っても、マツタケの事は何処にも書いてない。
友達が去年の事を言って聞いたら、
今日は、少々高めだが焼きマツタケだけならできると言われ、ほっ!
せっかく、マツタケ食べたさにここまで来たんだから!
国産マツタケ、確かに甘くて美味しかったが、
友達曰く、去年のほうが、香りがあったとか。う~ん。言われてみればね。
宿の雰囲気が良く、食事も美味しかったが、お値段は価値観次第ってところかな?
道中、色づき始めた草木もあり、りんごの木も赤や黄色の実をつけていた。
少し酸味が強いが、ジョナゴールド(りんご)も買って帰ってきた。
友達のお陰で、静かな秋を楽しむことができた。

【2005/10/13 22:45】 旅日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |

がん保険

先日見学に行ったホスピスのコーディネーターの方が、
「がん保険の中にはホスピス入院は出ないものがあるので確認してみてください」と言われた。
私もがん保険には入っているが、どうなのか心配になり、確認してみた。
すると、その会社の一番新しいがん保険は、ホスピスも入院給付対象になっているが、
私の入っているタイプは約款上では対象になっていない。
しかし、診断書等により確認したうえで、できるだけ出すようにしているということだった。
もう1つ、以前、義父を主契約として家族契約で義母を架けていた。
義父が亡くなっても義母を架けておくためには、同じ保険料をかけなくてはいけなかった。
しかも、義母の保障は60%なのだから、割に合わないので、解約した。
なのに、私はがん家系だからと、私を主として主人を従として契約している。
私が再発している以上、早めに主人を別の契約にした方がいいかもしれないと今更思った。
当時は入院給付に手厚くなっていたが、
今は通院の抗がん剤投与などもカバーするような形になっているとの事。
早速、資料と設計書を取り寄せ、検討する事にした。
【2005/10/11 23:29】 乳がん関連情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |

実家の祭り

昨日は父の月命日(1年半)なので実家へ行き1泊してきた。
偶然、昨日は宵祭り、今日が本祭りだった。
笛に合わせて、小さな太鼓1つを木のばちで叩き、平らな太鼓2個は竹で叩く『ちゃらぼこ』が回ってきた。
今は女の子も叩けるそうだが、昔は男の子と決まっていて、すごく叩きたかったものだ。
父も、祖父も「ちゃらぼこ」を教えたりしていたし、懐かしくってホロッと来た。
私たち女子は『お巫女さん』といって「お稚児さん」の衣装のような格好をして
頭には冠をかぶって、扇子、鈴、弓矢などを持って舞った。
3歳の頃から姉たちについて初め、小学1年の伊勢湾台風で櫓殿が壊れて3年間空白があったが、4年生で復活したので、
着物がツンツンだったが、どうしても、もう一度踊りたくて友達と最後の「お巫女さん」をやった。
見には行かなかったが、偶然隣町の「お巫女さん」を見かけ、こちらも本当に懐かしかった。
昔のままの形を残すのは大変だと思うが、遠く(?さほど遠くないが)に居る者には嬉しいものだと痛感した。
保存会の皆さんありがとう!!!
【2005/10/09 22:22】 日々彩々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ホスピス見学(また友達と)

今日は、日本初のホスピスを開設したという病院のホスピス棟の見学と説明を受けに行って来た。
8年前に新築されたホスピス棟は全室平屋建て、ベッドのまま、外に出られるようになっている。
冷蔵庫もあり、床暖房や、畳コーナー2畳分など、付き添いもしやすくなっている。
部屋に障子があり、天井も和風にできている。
準備を開始してから24年という長い経験からナースコールも直接担当ナースに知らせる工夫がされているし、
27床に医師5人看護師25人という手厚い人員配置だ。
担当医師(所長さんとのこと)に会ったわけではないので、その人の雰囲気は分からないが、
説明をしてくださった方の雰囲気や、そこに入っただけで、なんとなく暖かい感じがした。
混んでいるため、ほとんどの方が終末期の利用で、平均50日の入院とも伺った。
先日行った所は、少しでも痛みが出だしたら一度入院して対処法をみつけ、退院。
再度症状が出たらまた入院する等、何回も入退院を繰り返すような利用ができるそうなので、
その点と、遠いのがネックなのだが・・・。
友達のお陰で、良い経験ができた。ありがとう!

 
【2005/10/07 22:54】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(1) |

久留米大学 がんワクチン臨床試験

息子がTVから得た情報をくれた。
[テーラーメイドのがんワクチン]と言う事で、紹介されていたらしい。 http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/sentanca/examine.html
通院で接種できる人とか、ガンがある人とか、他の治療を止める場合がある等
色々条件があるらしいので、詳しいことは問い合わせてくださいとなっている。
私のように抗がん剤が効かなければ何ともならない(と本人は思っている)状況では、
今の所、がんワクチンの選択支はないと思っているが、
おとなしいガンで、抗がん剤治療をしてみえない方や抗がん剤は耐えられない方などはいいかもしれない。
興味のある方は一度覗いててみてはどうだろうか。

【2005/10/06 23:52】 乳がん関連情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |

血管痛(ナベルビンの副作用)

先週のナベルビン+ハーセプチンの点滴は、
針がなかなか上手く入らず、4度目に刺した場所は採血も上手く行かないようだったが、主治医はここにする、といった。
しかし、全開にしてもハーセプチンを落とすくらいの速さしか落ちないため、
「この抗がん剤でこの速さでは、ちょっと心配です」と言ったら、「なぜ?」と。
「ナベルビンは血管痛がひどいので」と言ったら、刺し変えてもらえた。
それでも、ナベルビンになったらいつもより落ちるのが遅く、1週間結構痛く、今も変な感じでだ。
私のように、図々しく言える人はいいけど、おとなしく先生の言われるままに点滴していたらどんな事になったかと思うと、心配になってしまう。
自分の薬のことはしっかり覚えて自分で気をつけるしかないのかも。
【2005/10/05 23:59】 乳がん体験記 | トラックバック(0) | コメント(2) |

I先生の1ヶ月

1ヶ月は、あっと言う間だったそうです。
お仕事は、今までの専門的な仕事ではないですが、
医療としては共通なので、毎日が勉強・復習と思って、広い分野をこなしてみえるそうです。
今月15日のきららの会にK先生が来ていただけると伝えたところ、
乳がんに対する先端医療現場の実情とこの地域での環境を比較し、
良いものを取り入れることができるといいと思うので、
院内の多くのスタッフにも声をかけてあげてほしい。とのことでした。
新任の先生との関係も、長い目でみて築いて行って欲しいとのことでした。
新任地の朝・夜は寒く、一時風邪気味だったそうですが、
毎日の緊張のせいか、すぐに治ったとの事、良かったです!
皆さんによろしく、ということと、きららの会の活動の発展を祈念していただきましたが、
細々とでも、長く(濃く?)続けたれたらいいと思っていると伝えました。
こちらにみえる機会があったら、是非知らせて欲しいとも伝えておきました。
【2005/10/04 22:52】 きららの会 | トラックバック(0) | コメント(1) |

訪問販売(ピロンちゃん)

11時ごろ、女性から電話がかかってきて、
「重曹と水だけで作った洗剤を1L使ってみてください、
訪問して30分ほど説明させてもらい、その間に実際に洗剤を作って見せます。」と言うのだ。
「試供品や訪問販売は、電話で断る。」が鉄則と分かっていながら、
嫁の手あれもひどいので、つい身体に良いものならと、気が緩み、承諾をした。
「別のものが伺うので、後でそのものから電話がいきますが、ヨロシクお願いします。」と。
セールスマンからの電話で、洗剤だけでなく、器械も販売と分かり、
話が違うぞ!聞くだけは聞くが、即答は絶対しないと決めた。
話を聞けば、つい、うんうん、なるほど、となるのだが、
電話ががかかって来過ぎて困るので、1Lのぺットボトルを回収して行くというのだ???
終了近くに息子がやってきたので、名刺を見せ、「知ってる?」と聞いたら、
セールスマンの態度が微妙に変化、大して勧めもせず、そそくさと帰っていった。
ちなみにピロンちゃん(水?洗剤?)は1L1,000円1週間で使い切って欲しいので
1月4,000円円程度を12ヶ月単位で販売し随時セールスマンが届けるというもの。
器械は月3,800円を5年リース契約というもの。
後で、インターネットで検索したら、あまり良い事は書いてなかった。
やっぱり!『鉄則』破っても仕方ないな~、と反省。
【2005/10/03 23:03】 日々彩々 | トラックバック(0) | コメント(0) |

北海道横断ドライブ 4日目

3ヶ月近く経って、やっと最終日(たかが4日だが)に辿り着いた。
温根湯温泉から女満別空港までどうしても行きたい場所があるわけではない。
2人とも、網走刑務所は行ったことがあるし・・・。
ただ、ここまできたら、美味しい海の幸を食べて、お土産も買いたい。
宿の支配人に尋ねたら、常呂(つねとろ)漁港で水揚げされるホタテが美味しいとのこと。
漁協の直営店で買うのがいいだろうということで、
場所と、どの道を通っていくのがいいかを聞いた。
留辺蕊(るべしべ)から栄、若佐、浜佐呂間、常呂町と行く道がいいとのこと。
だが、地図を見ると、国道でないため、友達は不安を感じたらしく、
遠回りでも国道で行こうか?と言ったが、私は宿の人が教えてくれるんだし、
なんてたって北海道、遠回りする必要はないと言い張った。



【2005/10/02 23:57】 旅日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |

第25回(10月15日土)の予定

以前こちらにみえた、がんセンターのK先生が来ていただけるそうです。
前々からお願いしていて、やっと実現です。
12時までお仕事があるそうなのでランチは断念ましたが、
終了後のお茶はご一緒いただけるそうなので、楽しみです!
「何を話したらいいですか?」と言われたので、
「こちらの病院との違いなど、少し話してもらえれば、
後は質問など出てきると思うので、気軽に来てください。」とお願いしました。
皆さん、いっぱい質問用意しておいてくださいね~。
それと、終了後も時間あけておいてね。
【2005/10/01 00:24】 きららの会 | トラックバック(0) | コメント(0) |
ゆらら
  • Author:ゆらら
  • 温泉好きの50代女性
    2002年に乳がんになり、全摘腹直筋皮弁同時再建術を受ける。6ヶ月で皮膚転移し、現在も治療中。
    ※ゆららは2006年6月5日に永眠しました。現在の管理人は息子のカカオです。
  • RSS1.0
  • 09 | 2005/10 | 11
    S M T W T F S
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    CATEGORY

  • メッセージ (11)
  • 乳がん体験記 (38)
  • 乳がん関連情報 (10)
  • リンパ浮腫 (9)
  • きららの会 (21)
  • 日々彩々 (17)
  • 旅日記 (10)
  • 水彩画 (8)
  • ENTRIES

  • 妹の結婚式(10/16)
  • 頂いた花々(06/09)
  • (05/18)
  • 母の眠る森へ(11/14)
  • a thousand winds - 吹き渡る風と共に -(05/28)
  • 絵画クラブの作品展(04/02)
  • 母の撮った写真(01/29)
  • COMMENTS

  • カカオ(ブログdeフォトコン)(04/06)
  • 山の雲(04/05)
  • カカオ(ブログdeフォトコン)(10/17)
  • ひろどん(10/16)
  • カカオ(ブログdeフォトコン)(10/16)
  • 山の雲(10/16)
  • カカオ(ブログdeフォトコン)(05/22)
  • TRACKBACKS

  • ブログdeフォトコンテスト:頂いた花々(06/10)
  • ブログdeフォトコンテスト:長く休んでしまい申し訳ありませんでした。(06/10)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/interest:デッサン(12/26)
  • コンタクトレンズはここ:コンタクトレンズ(11/09)
  • おくすりユーザーの声 - keijinさんのブログ - 全快堂ドットコム:ゼローダ錠300 300mg(09/30)
  • ARCHIVES

  • 2009年10月 (1)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (12)
  • 2005年10月 (20)
  • 2005年09月 (16)
  • 2005年08月 (21)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (17)
  • LINKS

  • リンパ浮腫を克服するために
  • リンパ浮腫患者グループ「あすなろ会」
  • 抗がん剤ヘルプデスク
  • 「山の雲のホームページ」
  • mallowさんのHP「In My Garden」
  • 「猫飯診療所」浮腫・再発neko-nomori
  • 「マダムだって乳房再建!」
  • 乳がん患者会「希望会(のぞみかい)」
  • 乳がん患者会「あけぼの会」
  • 抗がん剤最新情報カンファレンス(渡辺亨博士)
  • がん・ガン・癌・Cancer Cancer Information Files
  • そよかぜのアトリエ(吉沢三さ子透明水彩画)
  • 「ブログdeフォトコンテスト」(ブログの始め方など)
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。