FC2ブログ
* ゆらら乳がんと歩む *
温泉大好きな"ゆらら"が乳がんと共に歩む生活記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

ありがとうございました。

ゆららの息子のカカオです。
既にご存知の方も多いかと思いますが、ゆららは6月5日の午前7時に息を引き取りました。
病気や治療の経緯についてはこのブログで書かれていると思いますので、2月に入院した後の事だけを簡単にご報告させて頂きます。


2月に風邪をこじらせたのか、激しい嘔吐を繰り返して休日夜間診療に駆け込みました。
しかし、一度帰されてしまい、その後も嘔吐が続き素人目にも危険な状況でしたので、再び休日夜間診療に行くと、それでも帰されそうになりました。
そこに偶然居合わせた別の先生に「脱水で危険だから」と診断して頂き、緊急入院となりました。
そこで帰されてしまっていたら、そのままと言う事もあったかもしれません、、、


入院後、嘔吐は腸閉塞から来るものである事がわかりましたが、腎臓等の数値が芳しくなかったため、しばらく様子を見ることになりました。
しかし、そのままでは食事も治療も行えないので、腸閉塞の開腹手術を行う事になりました。
手術後に知らされたのは、多臓器転移が見られたとのこと。
そして、余命宣告でした。


腸閉塞は順調に回復し、食事も少しずつとれるようになりました。
体力も回復してきたので、治療を再開するとの事。
主治医の薦める抗癌剤による治療でした。
その時母が「難しい選択だよね、諦めるのか続けるのか」と言ったのですが、私は「そうだね」としか言えませんでした。
母は治療を続けずに、悔いの無い最後を迎えたかったはずです。
しかし、父の気持ちや主治医の考えは違う。
今思えば母の精一杯のアピールだったのかも、、、
分かっていたとしても「完治を諦めろ」と言うのは難しかったでしょうが、もし時を戻せるのならば無理な治療は止めようと言ってあげたかったです。


抗癌剤を使用した後、激しい副作用に襲われ、白血球や血小板の数値が異様に下がってしまいました。
一時はそのままと言う事も考えられるほど危うい状態になりましたが、なんとか乗り切ってくれて一度は外出で家に戻る事もできました。
その時に「ラーメンが食べたい」と母が言うので、白髪ネギをたっぷりと入れたラーメンを精一杯心を込めて作りました。


私はそのまま治療はしないものと思っていたのですが、もう一度抗癌剤をやると言っていました。
さすがに心配だったので「量とかきちんと調整してやるんだよね?」と聞いたのを覚えています。
母は「たぶんね」と何ともいえない表情をしていました。
家族のために、最後まで戦う事を選択してくれたのかな?


2回目の抗癌剤を使用した後、1回目と同様に白血球や血小板が減少し危険な状態に。
そしてそのまま帰らぬ人となってしまいました。
抗癌剤の使用が死に至らしめたのかどうかは私にはわかりません。
しかし、主治医の言う「使えば半年かもしれないが使わなければ3ヶ月かもしれない」は絶対に間違いだったと確信しています。
最後の最後まで主治医と折り合いの付かなかった母。
それでも家族と一緒にいられる近くの病院を選択した母。
それを思うとやり切れない気持ちになります。


母が亡くなる前日、まだ体調はすぐれず普段なら見舞いも遠慮していたでしょうが、何故か妻と子供と一緒に見舞いに行きました。
皆が体調が悪かったので、短い時間で引き上げましたが、こんな事になるならもっと長く居れば良かった。
1歳と2ヶ月になる息子が覚えたばかりのバイバイをすると、弱々しくですが手を振り返してくれた姿が忘れられません。
私達が帰った後、間もなく眠るように意識が無くなってしまい、次の日の朝に亡くなるまで意識が戻る事はありませんでした。


通夜、葬儀には本当に多くの方が駆け付けてくださり、感謝の言葉もありません。
メーリングリストの仲間や、このブログを見ていてくれた方からもメッセージを頂き、感動しきりでした。
思えばこのブログを始めるように薦めたのも私、「きららの会」をやるように薦めたのも私でした。
残された時間を少しでも有意義に過ごせれば、一人で思い悩むよりはと思っての事でしたが、皆さんの温かいお言葉を頂くと間違いではなかったと思えます。


最後に、お見舞いを頂いた方、ご弔問を頂いた方、本当に良くしてくれた担当看護士さん、このブログを含め母と交流して頂いた全ての皆さん、本当にありがとうございました。
暖かい皆さんに囲まれて、母は本当に幸せな人だったと思います。
このブログは見て下さる方がいる限り、ゆららの生きた記録として遺しておきたいと思います。


私のブログでも書かせて頂いていますので、よろしければご覧下さい。
こちらは経緯と言うよりも私の気持ちと母の人となりを中心に書かせて頂いてます。
スポンサーサイト
【2006/06/10 23:43】 メッセージ | トラックバック(1) | コメント(17) |
<<あったかいね | ホーム | 痛み止め>>

コメント

ゆららさんの息子さん お知らせ下さりありがとうございます。
私も何度かゆららさんと一緒にオフ会に参加させて頂いたりお喋りをさせて頂いたりした者です。
ゆららさんの前向きな生き方が好きでした。
ゆららさんの笑顔にいつも励まされていました。

お亡くなりになられた事は、お友達からのメールで知っておりましたが、葬儀にも参列出来なくてごめんなさい。

ゆららさんの事ですもの 先に旅立たれたお仲間と今頃 お話されているんじゃないかと想像出来ます。

ゆららさんの事は、一生忘れません。
ご家族の方も どうかお疲れになられないようにお身体気を付けて下さい。
【2006/06/11 01:22】 URL | のぞみん #GZ3xTtV6[ 編集]
カカオ様
まだお悲しみも深いさなかでしょうに、ご報告本当にありがとうございました。
こちらのブログにも、本当に思い出したようにしかお邪魔しない私が、ゆららさんが旅立たれたことをここに書き込んでしまったのは、もしかしたら無神経だったのかも・・・とも思います。
悲しいお知らせを聞いて、ゆららさんに言葉をかけたくて、そうしたらここに書き込むことしか思いつきませんでした。
お母様ゆららさんの最後の治療に際してのご家族の想い、本当によくわかります。後悔するのは、全てが終わってしまったからなのですよね。私も昨年夫を亡くしましたが、今でも、本当にあれでよかったのか、私がやってきたことは間違っていたのではないか。日々後悔や疑念の繰り返しです。
病院や医師に対してというものもありますが、それよりも自分自身に対して、疑問を抱かざるを得ないことはいつまでたってもなくなることはありません。
でも、おそらくどんな敬意をたどっても、残された家族には必ず後悔は残るものなのでしょう。
医師は可能な限り抗がん剤を使用しようとすると思います。絶対ではありませんが、抗がん剤を使用した方が余命を長らえる(多くの場合数ヶ月ですが)ことができるというデータがある以上、それを使わないと、ひとつ間違えば訴訟問題にもなりかねないからかもしれません。そういう意味では患者側も考えていかなければならない問題です。私の夫も抗がん剤治療で一気に病状が悪化し、医師とけんか別れのような形で抗がん剤治療をやめホスピスに転院させました。
本当はけんか別れではいけないのです。データはデータであり、それは受け止めなければならない。でも個人ベースになればそのデータはひとつの参考値にしかすぎません。そこを医師も患者も家族も理解して、患者本人にとってその段階で一番良いのはどのような方法なのか。心をこめて話し合う場がもてるようになればよいなあと思います。
お母様は本当に勉強熱心な方でしたよ。抗がん剤治療の功罪はよくご存知だったと思います。そういう治療を望まない気持ちも大きかったかもしれませんが、それ以上にご家族と少しでも長くすごしたいという思いが強かったから、継続されたのではないでしょうか。本当に素晴らしいお母様でした。
どうぞご家族の悲しみをゆっくりと時間が癒してくれますように。お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
【2006/06/11 06:55】 URL | 山の雲 #M2TJDGHI[ 編集]
カカオ様
ご報告ありがとうございました。

1月末から新しい記事の書き込みが無かったので、ずっと気になっておりました。
ブログを通してだけのお付き合いでしたが、本当に勉強熱心でいらっしゃって、患者として、母として、人として、尊敬する先輩でした。もっと色々な事を、教えていただきたかった。。。

ご冥福をお祈り申し上げますとともに、心よりお悔やみ申し上げます。
【2006/06/11 13:01】 URL | neko #x1qL3ELg[ 編集]
カカオさま、とてもお辛い時にありがとうございました。
本当にゆららさんは勉強されていて、もっともっと
教えていただきたいことがあったのに、こんなに早く
旅立たれるとは思ってもいませんでした。
リンパ浮腫だったのでしょうか、スリーブをつけられていましたが
とても器用にフォークを使ってらっしゃって。
ついこの間のことだったのに・・・

とても残念ですが、ゆららさんと出会えて良かったです。
私はすぐには行きたくないけど、そちらでお会いできたら
またおしゃべりしてくださいね。

ご冥福をお祈り申し上げます。
【2006/06/11 16:32】 URL | みるく #-[ 編集]
きららの会のひろどんです。
ゆららさんには大変お世話になりました。
いまだに信じられません。
ゆららさんは、余命宣告の事を知っていたのですか?主治医は、本人に宣告したのですか?
私はいつ退院できるかな??っとしか思っていませんでした。家族の方が付き添ってみえたので、そんなに深刻な状態なんだろうか?と思っていました。全然わかってなくてすいませんでした。きららの会は、ゆららさんが永遠に代表です
。これからも、ずっとゆららさんの事は、わすれません。ご冥福をお祈りいたします。
【2006/06/11 18:27】 URL | ひろどん #ihn3MyrQ[ 編集]
カカオ様

未だ悲しみもいえぬときに、ゆららさんの旅立ち前を、お知らせいただき有難うございます。
昨年の倉敷での学会がお会いした最後のなってしまいました。何度かお会いして、ゆららさんの素晴らしい笑顔、温和は瞳。忘れる事ができません。メールやHPでの書込みなどでも何時も暖かくて・・・・
本当に有難う・ゆららさん。
先に行った多くの仲間と今頃は楽しくお喋りしたり、飲んだり(もう思う存分飲んでくださいね)してらっしゃるでしょうね。

ご家族の皆様、どうぞお疲れの出ませぬように。
本当に有難うございました。心よりご冥福をお祈りいたします。

合掌
【2006/06/12 13:42】 URL | nekounga #2sQQXnjA[ 編集]
★ 皆さん、ありがとうございます。
皆さんとの交流が本当に母の支えだったと思います。
私は家族では曾祖母と祖父も亡くしていますが、やはりこう言うときは後悔しないのは無理ですね。
後から後から「たら、れば」ばかり浮かんできてしまいます。
でも、その時の状況でできることはしたと、そしてそれは母も同じだったと想うようにしたいと思います。
余命宣告は母も知っていました。本人の希望でもありましたし。
主治医からの時もあり、父からの時もあったと思います。
余命宣告を受けても、いえ、死顔さえも笑顔だった母を忘れません。
皆さん本当にありがとうございました。
【2006/06/13 01:52】 URL | カカオ(ブログdeフォトコン) #gcB6tUME[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/06/13 09:50】 | #[ 編集]
はじめまして。。。
私の母は2ケ月前に乳癌で、同じく最期は多臓器転移で他界しました。
こちらのブログは、母の治療の参考にもなり、ロムさせていただいていました。遅ればせながらありがとうございました。
母の他界後も、乳癌のブログは色々とロムして
いまして、久々にお邪魔したのですが・・・
私と私の母の思いと重ね合わせて、涙がとまりません。。。
ご冥福をお祈り申し上げます。。。
【2006/06/14 02:59】 URL | ライラック #-[ 編集]
カカオさま、はじめまして。
何度か抗がん剤のことでアドバイスをしていただいた者です。
悩みに悩んで苦しかった時に丁度同じ薬を使っていたゆららさんに出会うことが出来ました。
顔も知らない私のことを励ましてくださったこと、とても感謝しています。
しばらく書き込みが無かったので、心配をしていたのですが、思わぬ知らせに驚くばかりです。
ゆららさんは本当にいろいろ勉強されていたので、私はたくさんのことを参考にさせていただいてました。
笑顔が素敵な方だったのですね。
1度でいいからお会いしたかったです。
そんなゆららさんに一言お礼が言いたくてコメントさせていただきました。
本当にありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
【2006/06/15 17:30】 URL | ゆうゆう #-[ 編集]
★ ライラックさん、ゆうゆうさんありがとうございます。
皆さんにこうしてコメントをお寄せ頂き、本当に嬉しく思います。
母の死からもうすぐ2週間が経ちますが、ようやくジワジワと実感が湧いてきました。
皆さん母に励まされたと言って下さるのですが、きっと母も皆さんに励まされ、自分自身も励ましていたのだと思います。
本当にありがとうございました。
【2006/06/18 00:16】 URL | カカオ(ブログdeフォトコン) #gcB6tUME[ 編集]
ゆららさん、去年話してたホタルの名所、先週見てきましたよ。
今年もたくさんのホタルが舞っていました。
きっとゆららさんも、お空の上から見物してますよね。
【2006/06/21 08:11】 URL | きょうべ #-[ 編集]
ゆららさん。
昨日きららの会、無事????済みましたよ。
ゆららさんがいないと、へんな感じです。
K先生がずっといてくれましたよ。。。
なんか、前とは違うきららになっちゃいそうで、
不安です。
心配させないでよ!!って思っちゃいますよね。
今まで、お茶やお菓子の準備大変だったでしょう。手伝わなくてごめんなさい。
反省してます。ゆららさんが、大事にしてきた
きららの会を、私も大事にしていきます。
Aさん、Sさん、Mさん、Nさんと一緒に見守っててください。
【2006/06/25 10:04】 URL | ひろどん #-[ 編集]
★ きょうべさん、ありがとうございます。
我家の近くでも少し蛍が見られますが、母が娘を連れて良く見に行ってくれてました。
桜とか蛍とか大好きでしたからね^^
そういう季節にはお盆じゃなくても帰ってきそうな気がしますw


★ ひろどんさん、ありがとうございます。
そう言って頂けて母も凄く喜んでいるはずです。
きっと母なら「変わっても大丈夫よ」とか言ってそうですが^_^;
あちらでも皆を集めて賑やかにやっているかもw
【2006/06/26 01:47】 URL | カカオ(ブログdeフォトコン) #gcB6tUME[ 編集]
カカオ様
久しぶりにパソコンを開き、ショックを受けています。ゆららさんには本当に色々相談にのって頂き、いつもその生き方に勇気ずけられました。病気のことや治療のこと、その知識の深さや探究心に、生きることへの強い気持を感じました。
数ヶ月前に、ゆららさんが書かれた絵の展覧会でお会いしたのに・・・本当にショックです。ゆららさんの絵は、人柄のようにほのぼの温かい感じがしました。それからまだほんの少ししかたっていないのに。書き込みがないので調子悪いのだなと思い、連絡を遠慮してしまった自分を後悔します。もう一度会いたいです。尊敬できるお姉さんのような存在でした。色々とありがとうございました。心よりご冥福をお祈りします。
【2006/07/04 22:22】 URL | マコ #-[ 編集]
★ マコさん、ありがとうございます。
母はきっと皆さんの相談にのりながら、皆さんを励まさせてもらいながら自分自身も励ましてきたんだと思います。
このブログでも母の描いた絵を少しずつ載せて行けたらと考えていますので、よろしければまた覗きに来てやって下さいね。
【2006/07/10 22:00】 URL | カカオ(ブログdeフォトコン) #gcB6tUME[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/09/16 22:41】 | #[ 編集]

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

長く休んでしまい申し訳ありませんでした。

5日に「3日間ほど」と言ってしまいましたが、気が付けば5日間もお休みしてしまいました。実は、6月5日の午前7時に母が亡くなりました。4年前の1月、私達夫婦が結婚式を挙 ブログdeフォトコンテスト【2006/06/10 23:50】
ゆらら
  • Author:ゆらら
  • 温泉好きの50代女性
    2002年に乳がんになり、全摘腹直筋皮弁同時再建術を受ける。6ヶ月で皮膚転移し、現在も治療中。
    ※ゆららは2006年6月5日に永眠しました。現在の管理人は息子のカカオです。
  • RSS1.0
  • 09 | 2018/10 | 11
    S M T W T F S
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    CATEGORY

  • メッセージ (11)
  • 乳がん体験記 (38)
  • 乳がん関連情報 (10)
  • リンパ浮腫 (9)
  • きららの会 (21)
  • 日々彩々 (17)
  • 旅日記 (10)
  • 水彩画 (8)
  • ENTRIES

  • 妹の結婚式(10/16)
  • 頂いた花々(06/09)
  • (05/18)
  • 母の眠る森へ(11/14)
  • a thousand winds - 吹き渡る風と共に -(05/28)
  • 絵画クラブの作品展(04/02)
  • 母の撮った写真(01/29)
  • COMMENTS

  • カカオ(ブログdeフォトコン)(04/06)
  • 山の雲(04/05)
  • カカオ(ブログdeフォトコン)(10/17)
  • ひろどん(10/16)
  • カカオ(ブログdeフォトコン)(10/16)
  • 山の雲(10/16)
  • カカオ(ブログdeフォトコン)(05/22)
  • TRACKBACKS

  • ブログdeフォトコンテスト:頂いた花々(06/10)
  • ブログdeフォトコンテスト:長く休んでしまい申し訳ありませんでした。(06/10)
  • ブログで情報収集!Blog-Headline/interest:デッサン(12/26)
  • コンタクトレンズはここ:コンタクトレンズ(11/09)
  • おくすりユーザーの声 - keijinさんのブログ - 全快堂ドットコム:ゼローダ錠300 300mg(09/30)
  • ARCHIVES

  • 2009年10月 (1)
  • 2008年06月 (1)
  • 2008年05月 (1)
  • 2007年11月 (1)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (1)
  • 2007年01月 (1)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年07月 (2)
  • 2006年06月 (1)
  • 2006年01月 (6)
  • 2005年12月 (7)
  • 2005年11月 (12)
  • 2005年10月 (20)
  • 2005年09月 (16)
  • 2005年08月 (21)
  • 2005年07月 (14)
  • 2005年06月 (17)
  • LINKS

  • リンパ浮腫を克服するために
  • リンパ浮腫患者グループ「あすなろ会」
  • 抗がん剤ヘルプデスク
  • 「山の雲のホームページ」
  • mallowさんのHP「In My Garden」
  • 「猫飯診療所」浮腫・再発neko-nomori
  • 「マダムだって乳房再建!」
  • 乳がん患者会「希望会(のぞみかい)」
  • 乳がん患者会「あけぼの会」
  • 抗がん剤最新情報カンファレンス(渡辺亨博士)
  • がん・ガン・癌・Cancer Cancer Information Files
  • そよかぜのアトリエ(吉沢三さ子透明水彩画)
  • 「ブログdeフォトコンテスト」(ブログの始め方など)
  • SEARCH

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。